マーケティングによる提供|購入層の望みを叶える方法

meeting

手法に関して

対面販売による効果

meeting

化粧品マーケティング手法の一つとして、ドラッグストアーやスーパーで定価より、安く商品を販売し、商品を流通させる事と同時にPRする事が可能です。また、低価格で販売する事により、リピーターの獲得にも繋がります。ドラッグストアの化粧品コーナーでは、化粧品メーカーのブースが設けられ、お客様と対面で接し、商品をPRする等の宣伝も行われています。また、対面販売では、デパート、百貨店の1階フロアでの対面販売が代表的なマーケティング方法です。各メーカーのアドバイザがお客様毎に肌の手入れ方法を教えてくれたり、お客様に最も適した商品を選択してくれるカウンセリング販売が活発に行われています。企業にとっては、顧客獲得とともに、お客様の意見は商品の改善等、新商品開発等に利用できます。

マーケティン戦略の多様化

テレフォンマーケティングも化粧品の大きなマーケティング手法です。過去の購入履歴を参考にして、オペレーターがお客様に新製品の紹介や季節毎に販売される商品の説明等を行います。テレフォンマーケティングでは、商品知識が豊富なオペレーターが、電話を通して、お客様の要望を把握し、お客様に適した商品を選択してくれる事が大きな特徴です。オペレーターは、お客様折衝のプロであり、かなりの高い販売数が見込める大きな販売ルートとなります。その他、インターネットの普及に伴い、インターネットに限定したマーケティング手法も行っています。例えば、ターゲット層が視聴しそうな動画投稿サイトに宣伝広告を入れるといった手法があります。今後は、ターゲット層に絞り込んだ、個別のマーケティング戦略が重要になってきます。